たんくたんくれう゛ぉりゅーしょん SN
日常をつらつらと

プロフィール

たんく

  • Author:たんく
  • SNは2回しかプレイしてないたんくです。
    詳細プロフはリンクでGO!



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近のコメント



最近の記事



最近のトラックバック



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



2014ドライバーズチャンピオン

今年もF1が終わってしまいましたね。

いろいろとレギュレーションの変わった年でしたが、
メルセデス強かったね。

ミハエルがやめちゃった後に、圧勝ってのも時代の流れでしょうか。

で、最終戦までドライバーのチャンピオンはもつれましたが、
ハミルトンがうまかったですね、年間通じて。

2008年かな、チャンピオンになったのは。
あの時は、速いけど荒削りって感じでしたが、
今年の落ち着き加減、レース運びのうまさ
ってのが、ハミルトンの成長を感じさせました。

来年は、ホンダも復帰するし、ドライバーのチーム移動も
おもしろそうですし、見どころはいっぱいありそうですね。

スポンサーサイト

さあ

今年も、F1が最終戦となりました。
今年は史上最高19戦によるチャンピオン決定ですけど、
大混戦ですよね。

さきほど、予選の結果も見ましたが、
これまた、チャンピオン決定の行方がおもしろくなりそうな
予選結果です。

この後、22時ごろから決勝ですが、
ハミルトンがチャンピオンになったような2008年ブラジルを思い出す、
最終周まで、ポイント差を考えながら走行っていうような
ハラハラドキドキの決勝になるでしょう。

あと、今年は、レギュレーション的に、エンジン8基しか使用してはならない
というのがありますが、エンジンブローでチャンピオン決定みたいなのは
勘弁いただきたいなとは思います。

個人的には、チャンピオン候補どうしが、サーキット上で決着を
つけるようなレースになってほしいなと思います。


F1開幕

いよいよ2010年F1開幕しましたね。
結果はこちらで。


で、大方の予想通り、レッドブルとフェラーリの一騎打ち。
レッドブルのマシントラブルで今回はフェラーリ勝利。
フェラーリの中でも、アロンソスタートが良かったね。
そのまま逃げ切り。

という内容だったわけですけど、
やっぱり無給油って見てる方は慣れないですね。

サーキットの中でのみ勝利が決まるんですけど、
それにしても、タイヤとかマシンをいたわるという状態ですので、
そこまでバトルが勃発しませんしね。

今後ルールが変わる可能性もありますね、このままだと。

さて、これから勢力図がどう変わるか楽しみですが、
今回は、ミハエルシューマッハがほぼ空気でした。
メルセデスがどれだけレースペースを上げるか。

小林可夢偉が所属するザウバーは、可夢偉・デラロサ両方ともマシントラブル。
バーレーンのサーキットでは、ザウバーはあまり速くなかったですが、
他のサーキットでどう変わるか?
変われば、もっとF1も楽しくなってくるなぁ。


2010年F1展望

さぁ、今年もいよいよF1シーズンが始まろうとしてますね。
2月最初から全チーム合同テストが開始しますね。

さて、今年は、まず、ドライバーの移籍が活発でした。
toyota・BMWの撤退によるものもありますが、
新規チームが増えたのが大きいでしょうね。
それと、なんといっても、ミハエルシューマッハですね。

昨年、マッサの怪我療養中に復帰という噂もありましたが、
今年は、なんとフェラーリではなく、メルセデスで復帰。
これだけで、今年の楽しみが150%増し。
ただ、今年のレギュレーション変更で、ガソリン給油禁止なので、
一時期のミハエルが得意としていた、ピットストップでの
戦略があまり、使えないのではないかという不安はありますね。
ミハエルの年齢とかは、不安ではないですね、個人的には。
だって、引退するときも、特に他のドライバーに負けてる
という印象はなく、あんまりライバルもいないしもういいかぐらいの。

フェラーリと言えば、やっとアロンソが移籍できました。
今の現役の中で、フェラーリに合いそうなのが、アロンソぐらいかな
と個人的には、思いますので、フェラーリがどう変わるかに期待。

ワールドチャンピオン取得ドライバーが4人になりまして、
(ミハエル、アロンソ、ハミルトン、バトン)
この4人ともそれなりのチームに落ち着きましたから、
激しい争いが見られるように思います。

あとは、toyota撤退により、シートがなくなるかもという状況に
追い込まれながらも、古豪ザウバーから出走する、小林カムイも
期待大ですね。



チャンピオン決定

いやあ、おもしろかったレースですね、ブラジルGP

ほんとにチェッカー10周前まではハミルトン確定かなと思ってたところに、
ブラジル特有の雨。
過去フィジケラが優勝したのも雨でレースが途中終了となったため。

なにか起こるのかと思って見てると、タイヤ選択の賭け。
トヨタがドライのまま変えず、上位陣はウェットに変更。
この辺はまあ、上位はギャンブルする必要がないからね。
トヨタはギャンブルしてみたが、結果、負け。
しかし、このトヨタのギャンブルが、ワールドチャンピオン決定に大きな
変化をもたらす。

ほんとに、今年もハミルトンの手からスルリと
すりぬけたと思ったチャンピオンの座が
最終周、最終コーナーで手に入った。

マッサの応援陣、またブラジルはマッサの地元なので、
観衆も勘違いしてたけど、それはそうだろうと。
最終コーナーで起こったことは、現地では確認しづらい。

ハミルトンはワールドチャンピオンになったことで
今後、どう成長するのか楽しみではある。
なにせ最年少チャンピオンなのでね。

今のままでは、チームに車に恵まれたという印象が強い。
このチャンピオンも98ポイントという18レースもやったとは思えない
低いポイントである。
自爆でのとりこぼしが多いということ。
そこら辺が、成長すれば、シューマッハ時代に負けず劣らない
時代に突入する。